≫「へるし医」は、健康になりたい人を全力で応援する医師のブログです

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット!休むこともトレーニング

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット!休むこともトレーニング

みちのくDr.
みちのくDr.

こんにちは。

みちのくDr.です!

本日は、筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリットを紹介します。

ダイエットしている人も筋肉をもっとつけたい人も筋トレをすると筋肉痛になってしまう日は必ずありますよね。

もっとやせたい!もっと筋肉をつけたい!と思う人の中には、

「筋肉痛の時に筋トレしちゃってもいい?」

「筋肉痛だけどトレーニングしたほうがいいの?」

と悩むことは少なくないでしょう。

ズバリ、筋肉痛の時に筋トレをするのは逆効果です!

本記事では、なぜ筋肉痛の時に筋トレをするのが逆効果なのか、

  • 筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット
  • 筋肉の超回復のためには休むこともトレーニング

この2つをもとにわかりやすく説明します。

筋トレやトレーニングが習慣になってくると、筋肉痛の日も筋トレしたくなってくる人がほとんどです。

本記事を通して、筋肉痛の時に筋トレをする健康のデメリットを確認して休む時はしっかり休む習慣もつけてみてください。

みちのくDr.
みちのくDr.

体のため、筋肉のためと筋肉痛でも筋トレしちゃっていませんか?

 

その筋トレ、意味ないどころか逆効果ですよ。

 

筋トレしたい気持ちはものスゴくよくわかりますが、「休む」勇気を持つためにも本記事で一緒にデメリットを確認していきましょう。

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット

筋肉痛の時に筋トレをするとどうなるのか、実際にはわかりにくですよね。

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリットは次の通りです。

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット
  1. 筋肉痛の痛みがさらに悪くなる
  2. 骨・軟骨・関節を損傷する
  3. 筋力の低下

それぞれのデメリットについて、以降でくわしく説明します。

①筋肉痛の痛みがさらに悪くなる

筋肉痛の時に筋トレをするデメリットの一つ目は、筋肉痛の痛みがさらに悪くなることです。

筋肉痛を感じている時は、その筋肉にダメージや傷があって筋肉は故障している状態です。

故障している状態の筋肉でさらに筋トレをすると、さらに筋肉はダメージを受けて筋肉痛がますます悪化する原因になってしまいます。

筋肉痛がひどくなると、日常生活や仕事などにも悪影響があるかもしれないので筋肉痛の時にその筋肉を鍛えることはおすすめできません。

②骨・軟骨・関節を損傷する

筋肉痛の時に筋トレをするデメリットの二つ目は、

  • 軟骨
  • 関節

を損傷してしまう可能性があるためです。

筋肉痛の時は、普段よりも筋力がないので筋トレなどの負荷が筋肉ではなく骨や関節などにかかってしまいます。

筋肉以外に負荷がかかるとひどい場合には、

  • 骨折
  • 軟骨の減少
  • 関節炎や関節痛

になって、数週間から数ヶ月の治療が必要になってしまうかもしれません。

このような状態だと筋トレどころか軽めの運動すらできなくなってしまうので、やみくもに筋肉痛の時に筋トレをすることは控えたほうがいいです。

③筋力の低下

筋肉痛の時に筋トレをするデメリットの三つ目は、筋力が低下してしまうためです。

筋肉痛を感じている時は、その筋肉にダメージや傷があって筋肉を修復している時期です。

修復している時に筋トレをすると筋力アップどころか筋力ダウンの引き金になってしまいます。

誰にとっても、筋トレをして筋力が低下してしまうことは本末転倒なため「筋トレしたい!」という気持ちだけで筋肉痛の時に筋トレしないようにお気をつけください。

みちのくDr.
みちのくDr.

筋トレの目的は「筋肉をつける」ことですよね!

 

無理をしてケガの作ったり、筋力が低下してしまっては逆効果です。

 

逆効果にならないようにお気をつけください。 

筋肉の超回復のためには休むこともトレーニング

筋肉の超回復のためには休むこともトレーニング

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリットを踏まえた上で、できることは「休む」ことです。

鍛えた筋肉や筋トレの負荷など、人によって筋肉痛が回復する時間は数時間から数日とさまざまです。

一般的には、24〜48時間とされていますが、もっと早く治る時もあればより時間が必要な時もあります。

痛みや張りを感じなくなったら筋肉が超回復した目安なので、それまでは休むこともトレーニングの一環と判断して勇気を持ってしっかり休みましょう!

みちのくDr.
みちのくDr.

ちなみに、筋肉をもっとつけるためには筋肉痛を感じるまで筋トレする必要はないです。

 

筋肉痛を感じるほどトレーニングをしないといけないわけではないので気楽に筋トレしましょう!

 

筋肉痛の治し方や予防については、次の記事も合わせて読んで筋肉痛になった時に備えてみてください。

筋肉痛の治し方や筋肉の痛みや炎症を治す方法5つ|筋肉痛を早く治す 筋肉痛の治し方や筋肉の痛みや炎症を治す方法5つ|筋肉痛を早く治す 筋肉痛を予防する5つの対策|ストレッチなどで痛みを悪化させず早く治す 筋肉痛を予防する5つの対策|ストレッチなどで痛みを悪化させず早く治す

まとめ

まとめ

本記事では、なぜ筋肉痛の時に筋トレをするのが逆効果なのか、

  • 筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット
  • 筋肉の超回復のためには休むこともトレーニング

この2つをもとにわかりやすく説明しました。

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリットは次の通りです。

筋肉痛の時に筋トレをする3つのデメリット
  1. 筋肉痛の痛みがさらに悪くなる
  2. 骨・軟骨・関節を損傷する
  3. 筋力の低下

筋肉痛の時に筋トレをすることは逆効果なので、休むことも含めて「筋トレ」と思ってトレーニングしてください。

しっかりと休んだうえで筋トレを継続しましょう!

みちのくDr.
みちのくDr.

それでは今日も、良い筋トレライフを!

 

 

筋トレいつやる?効果的な時間帯 筋トレはいつやるのが効果的な時間なの?成果が一番出るタイミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA