≫「へるし医」は、健康になりたい人を全力で応援する医師のブログです

カリウムの摂りすぎや過剰摂取は不健康?カリウム大量摂取のリスク

カリウムの摂りすぎや過剰摂取は不健康?カリウム大量摂取のリスク

みちのくDr.
みちのくDr.

こんにちは。

みちのくDr.です!

本日は、カリウムの摂りすぎによる健康への影響について紹介します。

食事の栄養に気をつけている人の中には、

カリウムを摂りすぎると健康にどんな影響が出るの?

カリウムを過剰摂取してしまって不安…

血液検査でカリウムが高い時はどうすればいいの?

と悩んでいる人もいますよね。

そこで、本記事では、

  • カリウムの摂りすぎは不健康?
  • 血液検査でカリウムが高い時の原因
  • 高カリウム血症の不整脈などの症状

この3つをもとに、カリウムの過剰摂取による健康被害についてわかりやすく紹介します。

  • カリウムの摂りすぎが心配な人
  • 血液検査でカリウムの数値が高い人
  • カリウムの過剰摂取の健康被害を知りたい人

このような人は、ぜひ本記事を通してカリウムの摂りすぎによる体への影響について確認して、悩みを解決してみてください。

みちのくDr.
みちのくDr.

たくさん野菜や果物を食べすぎてしまって心配になってしまう人もいますよね。

 

野菜や果物は、ミネラルの中でもカリウムを豊富に含んでいます。

 

カリウムを過剰摂取しても大丈夫なのかどうか、本記事で確認してみてください。

野菜などからカリウムを摂りすぎるのは不健康?

野菜などからカリウムを摂りすぎるのは不健康?

はじめに、カリウムの摂りすぎは健康のリスクがあるのかどうか紹介します。

結論として、特に病気もなく健康な人はカリウムを過剰摂取しても健康被害はありません。

カリウム過多の状態になると、人の体はカリウムの排出方法として腎臓から尿にカリウムを排出します。

また、細胞の内側にカリウムを取り込むなどして血液中のカリウムの濃度が高くなりすぎないように調整しています。

そのため、野菜などからカリウムを過剰摂取して健康被害が出ることはまれです(1)。

みちのくDr.
みちのくDr.

食事からカリウムを過剰摂取しすぎるということはほとんどありません。

 

むしろ、日本人はカリウムの摂取量が不足しがちです!

 

腎臓の機能に異常がない人は、次の記事を参考に不足しないようにカリウムの摂取量を上げるようにしてみてください。 

カリウムの摂取量はどれくらい?高血圧の予防目的の1日の必要量 カリウムの摂取量はどれくらい?高血圧の予防目的の1日の必要量 カリウム不足で欠乏症になった時の7つの症状!低カリウム血症とは? カリウム不足で欠乏症になった時の7つの症状!低カリウム血症とは?

血液検査でカリウムが高いと腎臓の機能異常や病気の可能性あり

血液検査でカリウムが高いと腎臓の機能異常や病気の可能性あり

次に、血液検査でカリウムが高いと指摘された時の原因について紹介します。

血液検査でカリウムが高くなる原因としては、主に次の5つがあります。

血液検査でカリウムが高い時の5つの原因
  1. 腎臓の機能が悪い(腎不全など)
  2. カリウムのサプリメント
  3. 持病の薬の影響
  4. 激しい運動
  5. 病気

上記の中でも多くの場合は、

  • 腎臓の機能が悪い
  • 治療薬の影響
  • 病気

この3つです。

血液検査では、血中のカリウムの濃度の正常値が3.6〜5.0(mEq /L)です。

カリウムが5.1mEq/L以上の場合は、隠れた病気がひそんでいる可能性があるので医師に相談してみてください。

みちのくDr.
みちのくDr.

多くの場合は、腎臓の機能が悪くなっていることが原因です。

 

腎臓の機能が悪いと、尿にカリウムを排出できなくなってしまい血中のカリウムの濃度が上がってしまいます。

 

腎臓の機能が悪くなっているのかどうか一度確認してみてください。 

腎臓の機能が悪いと高カリウム血症になって不整脈など心臓に悪影響

腎臓の機能が悪いと高カリウム血症になって不整脈など心臓に悪影響

最後に、腎臓の機能が悪くて高カリウム血症になった時に生じる症状について紹介します。

血液中のカリウムが過多の高カリウム血症になると、次のような症状が出ます。

高カリウム血症の症状
  1. だるさ
  2. 気持ち悪さ
  3. 手足のしびれ
  4. 知覚過敏
  5. 脱力感
  6. 不整脈

上記のような症状が出ていると、血液検査でカリウムの数値は5.5mEq/L以上と危険な状態です。

一刻も早く病院での治療が必要になるので、思い当たる心配がある時にはすぐに医療機関を受診してください。

みちのくDr.
みちのくDr.

熱中症や脱水症などでも高カリウム血症になることがあります。

 

暑い環境で激しい運動や作業を我慢して頑張り続けないようにしてください。

 

高カリウム血症は命取りになるので、無理のない運動や作業を心がけてください。

まとめ

まとめ

本記事では、

  • カリウムを摂りすぎは不健康?
  • 血液検査でカリウムが高い時の病気の可能性
  • 高カリウム血症の不整脈などの症状

この3つをもとに、カリウムの過剰摂取による健康被害についてわかりやすく紹介しました。

ズバリ、特に病気もなく健康な人はカリウムを過剰摂取しても健康被害はありません!

ただし、次にような原因があるとカリウムを摂りすぎて血液中のカリウムが高くなって健康被害が出るリスクがあります。

血液検査でカリウムが高い時の5つの原因
  1. 腎臓の機能が悪い(腎不全など)
  2. カリウムのサプリメント
  3. 持病の薬の影響
  4. 激しい運動
  5. 病気

そして、血液中のカリウムの濃度が高いと次のような症状が出ることがあります。

高カリウム血症の症状
  1. だるさ
  2. 気持ち悪さ
  3. 手足のしびれ
  4. 知覚過敏
  5. 脱力感
  6. 不整脈

健康な人でも、暑い環境で無理して作業し続けたり激しい運動をすると高カリウム血症になってしまうことがあります。

心配な時はすぐに医療機関に相談してみてください。

また、「自分は大丈夫!」と思わず、無理しすぎないようにしてください。

みちのくDr.
みちのくDr.

それでは今日も、良い筋トレライフを!

 

 

出典

(1)e-ヘルスネット「カリウム」

カロリーとは?エネルギーとは違う?三大栄養素から摂取するカロリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA