≫「へるし医」は、健康になりたい人を全力で応援する医師のブログです

熱中症とはどんな病気?熱中症の症状や予兆についてわかりやすく解説

熱中症とはどんな病気?熱中症の症状や予兆についてわかりやすく解説

みちのくDr.
みちのくDr.

こんにちは。

みちのくDr.です!

本日は、熱中症とはどんな病気や症状があるのかわかりやすく紹介します。

暑くなってくると熱中症に気をつけようと思いますよね。

でも、

そもそも熱中症とはどんな病気?

熱中症の症状は?

熱中症になる前触れや予兆はあるの?

と、意外にわからないことが多くて、熱中症についてわかりやすく知りたいと思う人が多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、

  • 熱中症とは?
  • 熱中症の症状とは?予兆や前触れは?

この2つをもとに、熱中症とはどんな病気や症状があるのか紹介します。

早くも暑さが到来しているので、熱中症についてよく知らない人はもちろん、専門家として支える人も本記事を通してぜひ今一度確認してみてください。

熱中症から自分を守ることから始めて、ぜひ自分の周りの人も熱中症から守ってあげてください。

みちのくDr.
みちのくDr.

老若男女問わず誰でも熱中症になるリスクがあります!

 

自分は大丈夫と思わず、ぜひ本記事で熱中症について確認してみてください。

 

2分程度で読めるので、知識を備えて憂いなく今年の夏も楽しく過ごしていきましょう!

熱中症とは?わかりやすく解説!

熱中症とは?わかりやすく解説!

はじめに、熱中症とはどんな病気なのかわかりやすく紹介します。

ズバリ、熱中症とは体の外に熱が出せなくなって体内に熱がこもった状態のことです。

もう少し詳しい説明として、厚生労働省の熱中症の定義と注意喚起について以下に記載します。

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」

どうして体の外に熱が出せなくなって熱中症になるかというと、以下のような3つの流れが原因です。

体の外に熱が出なくなって熱中症になる3つの流れ
  1. 汗が出ない
  2. 皮膚から逃げる熱が少なくなる
  3. 運動などの活動で体温が上昇し続ける

参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

体に外に熱が出なくなって熱中症になる3つの流れ 参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」
体に外に熱が出なくなって熱中症になる3つの流れ
参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

ちなみに、通常の体温の調整は、

  • 汗が蒸発して熱を体の外に出す(気化熱)
  • 皮膚温度が上がって熱を外に出す

この2つが熱を体に外に出す機能として働きます。

平常時の体温調整の反応に関して、詳しくは次の図をご覧ください。

平常時の体温調整反応 参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」
平常時の体温調整反応
参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

この2つのうちの①の汗を出して体外に熱を出す機能が働かなくなって、②の機能だけになって体温がぐんぐんと上昇し続けます。

体温が上昇し続けると身体の水分調節などさまざまな機能のバランスが取れなくなってしまって熱中症になってしまいます。

上記の流れが、熱中症になるメカニズムです!

みちのくDr.
みちのくDr.

熱中症の状態に一度なってしまうと、自分の体の力だけでは自然に熱を外に出すことができなってしまいます。

 

熱が上がり続けるのは非常に危険な状態で、場合によっては死に至ることもあります。

 

では、次に熱中症になるとどんな症状がでるのが確認していきましょう! 

熱中症の症状とは?軽度の症状は熱中症の予兆や前触れ!

熱中症の症状とは?軽度の症状は熱中症の予兆や前触れ!

次に、熱中症の症状について説明します。

熱中症の症状としては、次の図のように軽症と重症の2つに分けることができます。

熱中症の軽症と重症の症状 参考:厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」
熱中症の軽症と重症の症状
参考:厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」

上記の表の症状をリストとして並べ替えると、

軽症の熱中症の症状
  1. めまい
  2. 筋肉痛
  3. 生あくび
  4. 立ちくらみ
  5. 大量の発汗
  6. 筋肉のこむら返り(足がつる)

参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

重症の熱中症の症状

上記のように整理できます。

紹介した軽症の症状は、熱中症の予兆や前触れの症状と同じです!

軽症でも症状を感じたら、次の表を参考にどう応急処置をすればいいか確認してみてください!

熱中症の対処方法(応急処置) 参考:環境省「熱中症の対処方法(応急処置)」
熱中症の対処方法(応急処置)
参考:環境省「熱中症の対処方法(応急処置)」

先ほど紹介した重度の症状からさらに重症度が増すと、

  • 歩けない
  • けいれん
  • 意識障害

と、非常に危険な状態になってしまいます。

軽症の時点で「自分の体がなんだかおかしい!」と気づいて、熱中症を疑ったらすぐに涼しいところで体を冷やしつつ水分補給してください。

みちのくDr.
みちのくDr.

熱中症について、わかりやすく軽症と重症に分けましたが、医学的には、

  • I度
  • II度
  • III度

と3つの段階に分かれます。詳しく知りたい人は、政府広報オンラインの記事を参照してみてください。

 

また、熱中症の危険なサインについては神奈川県庁のyoutubeがわかりやすいので一度動画でも確認してみてください。

 

熱中症の予防対策については改めて紹介するので、乞うご期待ください!

まとめ

まとめ

本記事では、

  • 熱中症とは?
  • 熱中症の症状とは?予兆や前触れは?

この2つをもとに、熱中症とはどんな病気や症状があるのか紹介しました。

ズバリ、熱中症とは体の外に熱が出せなくなって体内に熱がこもった状態のことです。

次のような流れで、体の外に熱が出なくなって熱中症になってしまいます。

体の外に熱が出なくなって熱中症になる3つの流れ
  1. 汗が出ない
  2. 皮膚から逃げる熱が少なくなる
  3. 運動などの活動で体温が上昇し続ける

参考:政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

熱中症になると、以下のような症状を感じ、左側の症状は軽症の症状で熱中症の前触れや予兆の症状とも同じです!

熱中症の症状 参考:厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」
熱中症の軽症と重症の症状
参考:厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」

このような症状を感じたり、熱中症を疑った時には、次のチャートをもとにどのような応急処置をとればいいか確認してみてください。

熱中症の対処方法(応急処置)
参考:環境省「熱中症の対処方法(応急処置)」

熱中症は知識を確認しておけば十分に備えることができます!

本格的な暑さに憂いなく備えて、暑い夏を楽しんで乗り切っていきましょう!

みちのくDr.
みちのくDr.

それでは今日も、良い筋トレライフを!

 

 

出典

(1)厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」

(2)環境省「熱中症予防情報サイト」

(3)政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら、十分な対策をとりましょう」

(4)神奈川県「みんなで熱中症対策!知識を持ち行動することで、防ぐことができます」

塩分不足の原因とは?塩分が足りない時に起きる7つの症状と対処法 塩分不足の原因とは?塩分が足りない時に起きる7つの症状と対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA