インターネット共有(テザリング)するならiPhone12にすべき

今回はiPhone 12シリーズへの変更を検討されている方の参考となる情報を取り上げたいと思います。

私はiPhone 11ユーザーでしたが、今回iPhone 12に変更しました。

変更した理由についてご紹介します。

iPhone 12が発売されてからやや時間が経過したものの、iPhone 11以前のシリーズを使用し買い替えを検討されている方はぜひご覧ください。

Wi-Fi 5への対応

iPhone 12シリーズはiPhone初の5G対応スマホになったものの、まだまだ5Gの利用域は限られ今後1年間で5Gエリアの拡大もそれほど大きくなくこの点を魅力に感じる方は少数だと思います。

私もそう思います。

今回変更を決断した決定的な理由は、iPhone 12シリーズのインターネット共有によるテザリング速度が高速化したことです。

iPhone 12シリーズになり、5GHz帯(IEEE 802.11ac)を使用する「Wi-Fi 5」接続をサポートし最大867Mbpsで通信可能となりました。

従来は2.4GHz帯(IEEE 802.11n)を使用した「Wi-Fi 4」性能で最大144.4Mbpsの速度のため理論値としての差は非常に大きいです。

理論上の最大通信速度は144Mbpsで、5Gはおろか、現行のLTE(LTE-Advanced)さえ通信速度を活かしきれていません

私は仕事で電車で長距離の移動をすることが多く、毎日ではありませんが往復で1-2時間程度電車に乗ることが多いです。

電車に乗っている際は基本的にパソコンかタブレットをインターネット共有でネットに接続して使用しています。

そうすると、情報を検索・確認する時の待ち時間が現行のWi-Fi 4では長く、時間の無駄を感じることが頻回にありました。

この点を今回のiPhone 12シリーズによるWi-Fi 5接続で少しでも解消できることが判明し、iPhone 12変更への決め手となりました。

要は自宅でのルーターを2.4GHz帯(IEEE 802.11n)のみの製品から5GHz帯(IEEE 802.11ac)も使用できる製品に変更したことと同じです

自宅のルーターを変更されて、この差を実感された方は多いのではないでしょうか?

コストパフォーマンス

では実際にどのくらいコストパフォーマンスがいいか仮説してみます。

今回私が購入したiPhone12は128 GBで、Apple storeで購入し税込み99,880円です。

仮に1年後にフリマアプリで売却し、その際の価格が24,000円値崩れした75,880円だとします。(おそらく1年後の値崩れはこんなに大きくありません。実際に私はiPhone11を87,780円で購入し約1年後に67,780円程、差額20,000円で処分しています。)

24,000円 ÷ 12ヶ月 = 2,000円 / 月でiPhone 12を月額使用する計算になります。

テザリングの使用時間を1日1時間、Wi-Fi 5の使用による時間の削減を1-2分とすると月に30-60分程の時間削減・効率化を達成することができます。(場所によってはもっと削減できます。)

コストとしては2,000-4,000円/時間です。

やや高いと感じるかもしれませんが、後ほど述べるiPhone 12に変更する副次的効果も加味すればこのコストを支払う価値はあると個人的に思います。

もちろんこれはあくまで仮説です。

インターネット共有したデバイスでどのような作業を行うかによってもだいぶ差が出るのに加え、場所や移動区間での差も大きいです。

あくまで仮にどのくらい時間削減が可能か、コストを支払うものかを仮定したものであり実測値ではないことをご了承ください。

なぜ今までWi-Fi 5対応のスマホがなかったか

では、なぜこれまでにWi-Fi 5対応スマホがなかったのか?

それはiPhoneにテザリング機能が付随された当初、5GHz帯は屋外での使用が法令により禁止されていました。

そのため、インターネット共有は2.4GHz帯に限定されていました。

しかし、2018年10月から5GHz帯の一部(5.2GHz/W52チャンネル)に限り条件付きで屋外利用が許可されています。

この条件をクリアしたのが今回のIPhone12シリーズになります。

iPhone 12に限らず、今後2.4GHz帯/5.2GHz帯の両方でテザリングできるスマートフォンは今後増えていくことが予想されます。

iPhone 12へ変更する副次的効果

今回のメインの理由以外にも、

  • ディスプレイが有機ELになり黒をメインとする画面では眼精疲労が軽減すること
  • iPhone 11からiPhone 12になり重量が194 gから162 gに軽量化したこと
  • A13 Bionnic チップからA14 Bionic チップになったこと
  • 動画撮影の質の向上
  • 5G圏だとスマホの使用もインターネット共有の使用もさらに高速化

も副次的にあげられます。

いや、本当にiPhone 11とiPhone11 proは重かった。

さいごに

今回はiPhone12への買い替えをする私の主な理由についてご紹介しました。

もしあなたがインタネット共有(テザリング)する頻度が多い場合にはiPhone 12シリーズへ買い替えて時間の削減・効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA